安全・環境への取組SAFETY AND THE ENVIRONMENT

ホームへ > 安全・環境への取組

安全・環境への取組

安全への取組 Efforts to safety

危険予知活動(KY活動)

危険予知活動はKY活動といい、職場や現場で起こりうる災害を未然に防ぐための活動です。
まず作業開始前に起こりうる災害を想定し、どうすれば災害を未然に防ぐことが出来るか、ベストな対策を全員で考え話し合い、危険に対する意識を共有します。また、危険予知活動を毎日行う事で、ヒューマンエラーを防止し、危険に対する感受性を鋭くさせ、集中力を高める事ができます。

作業前の綿密な打合せ

当社では安全への取り組みとして毎月開催の定例会議に加え、毎朝現場での打合せを行なっております。
定例会議では現場毎の工程管理や作業状況を確認し、会社全体で状況把握を行います。
また安全に関する最新情報を共有し、社員の安全管理を徹底しています。毎朝行われる現場での打合せでは、その日の作業内容でどこにリスクが潜んでいるかを確認し、日々の安全意識を高めて作業を行なっています。

近隣への配慮

解体業務を行う上で最も注意する事が、近隣への配慮です。
フラットパネルを貼り塵や埃などが風で飛ばないように対策を行なったり、現場によって周りへの振動を考慮
し、使用する重機を変更したりするなど、その都度対応を考え実行しています。

重機同士の衝突や事故回避

現場では複数台の重機が同時に稼働する事があります。
その際重機の接触事故を防ぐため、オペレーターによる動作前に周囲目視確認を徹底しています。
またオペレーターと作業員の連携作業時には、お互いに合図を出し合い、きちんと安全確認をした上で作業を行なっています。基本的・当たり前の事を徹底する事が、重機トラブル回避に繋がるのです。

環境への取組 Efforts to environment

地域活動(周辺の清掃活動)

「おかやまアダプト」推進事業に参加し、環境美化運動として、毎月地域の清掃活動(クリーン作戦)を行っています。地域環境改善のため、周辺のゴミ拾い・川掃除・道路整備など総勢60名で取り組んでおります。

ESDへの取り組み

コンケングループとしてESDに取り組んでいます。
ESD(Education for Sustainable Development: 持続可能な開発のための教育)とは、どの世代の人も様々な環境・社会問題を自分の事としてとらえ、学び、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出し、それよにって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。
当社ではコンケングループ処理場の見学内容を、小さなお子様から大人の方まで理解できるような仕組みを導入し、みんなが環境について考えることができる場所になる事をめざしています。